院長のコラム
院長紹介
院長

古泉循環器内科クリニック
院 長 古 泉こいずみ 圭 透たまゆき

このたび、千歳市千代田町において循環器内科、血液透析、他診療科目を加え古泉循環器内科クリニックを開設することとなりました。
これもひとえに皆様方の温かいご支援の賜物と心より感謝いたしております。
今後は地域住民に信頼される温もりのある質の高い医療を提供すべく、誠心誠意努力いたす所存でございます。
何卒倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

1992年3月 弘前大学医学部卒業
1992年6月 津軽保険生活協同組合 健生病院 研修医となる
1995年4月 青森保険生活協同組合 あおもり協立病院 循環器呼吸器病棟に配属
1998年 同院 病棟医長になる
2001年6月 青森保険生活協同組合 堤診療所 所長として勤務
2006年5月 医療法人ピエタ会 石狩病院 内科部長として勤務
2007年4月 循環器科部長兼外来診療部長となる
◇所属学会/内科学会 循環器学会 糖尿病学会 心臓病学会 日本透析学会
◇資  格/日本医師会認定産業医 日本糖尿病協会登録医
院長のコラム
2016年 5月 17日 12:03
糖尿病 その2
古泉循環器内科クリニックの院長コラムを見ていただいて、ありがとうございます。
なるべく、易しい内容で皆さんに病気のお話をさせていただきたいと思っております。
今後とも宜しくお願いします。


本日は「糖尿病」の第2回目です。
 
今日のテーマは「なぜ糖尿病を治療しないといけないか」です。
 
糖尿病に限らず、高血圧、高脂血症(脂質異常症)などいわゆる「生活習慣病」と言われる病気は自覚症状が乏しく、患者さんからも「どうしてどこも悪くないのに、ダイエットしたり運動したりしないといけないか理解できない」と愚痴をこぼされます。
 
こういった病気は、治療というより「治療行為をすることによる予防」が目的なので、糖尿病になると「どんな病気になりやすいのか」を頭で理解する必要があります。以下、列挙していきます。
 
まず第一に「糖尿病は、血管が障害される病気」です。いわゆる「動脈硬化症」です。人間の体は、生きているところすべてに血管が走っています。細い血管から太い血管まであらゆる内臓、器官が血液を必要とします。従って動脈硬化で血流が低下すれば、あらゆる臓器が障害されることになります。
特に糖尿病の場合、細い血管の障害「腎臓」「神経」「眼」を3大合併症と言って糖尿病発症8年くらいから合併してきます。
日本国内で末期心腎不全で透析導入される患者さんの4割以上が糖尿病が原因です。それから視覚障害の2割が糖尿病が原因で起こると言われています。
大血管の合併症としては「脳卒中」「心筋梗塞」など日本人の死因ワースト3のうち二つが入ってきます。命に関わるだけでなく、体の一部が動かなくなったり、ちょっと動くだけでも息切れがしたり、不自由な生活が余儀なくされてしまいます。
 
その他、「体の抵抗力が低くなる」「認知障害になりやすくなる」「骨がもろくなる」など様々な悪いことが体に起こってくるのが糖尿病です。
 
こういった合併症の多くは、不可逆的で、一旦発症してしまうと取り返しがつかないため、発症しないために糖尿病の治療を頑張る必要があります。
 
体調の変化ではなくて、血液検査、尿検査の結果に基づいて「未来への貯金」をするつもりで糖尿病とお付き合いすることが、重要だと言えます。
2016年 5月 3日 12:00
糖尿病 その1
みなさん、こんにちは。

本日より新しいシリーズ「糖尿病」についてのお話をしたいと思います。

「糖尿病」は40歳以上の1割が罹患していると言われる国民病ですが、情報が溢れかえっていて、却って正しい知識が広まっていない印象があります。今回はその誤解しやすい点について説明します。
 
「糖尿病」に対する誤解で一番多いのがこの病名由来のものです。糖尿病は名前の通りの「尿に糖が出る病気」ではなく、「血液中の糖分が多い病気」です。
 
糖尿病の診断基準は、概ね
①空腹時血糖が125mg/dl以上
②食後血糖(糖負荷試験)が200mg/dl以上
③採血でHbA1Cが6.5%以上
 
ですから、尿の検査はあくまでも補助的なもので、診断とは直接の関係がありません。尿糖が出ていないから「絶対糖尿病ではない」とは言えないということです。
 
糖尿病の診断に関する2つ目の落とし穴は「健康診断を毎年していれば糖尿病を見逃されることはない」と考える方が多い、です。
 
以外と糖尿病が健康診断で見逃されてしまう理由は、軽症のうちは空腹時血糖が上がらず食後血糖のみが上昇するからです。一般的な健康診断では、「空腹時採血」が基本です。これは、脂質の検査が空腹時が望ましいためなのですが、その結果多くの軽症糖尿病患者が、健康診断で見逃される原因となっています。
 
その欠点を補うための検査としてはHbA1Cというのがあります。これは一ヶ月くらい前の血糖の値と相関するので、食前でも食後でも、軽症でもある程度の診断ができます。しかし、職場の健康診断では必須ではないために実施していない企業も多いというのが実態です。
 
皆さんも、職場検診、あるいは自治体検診を受けるときに、HbA1Cが含まれているかいないかきちんと確認をするようにすると良いと思います。
 
糖尿病は、遺伝性が強く認められますので、ご家族に糖尿病の方がいる場合は、必ず定期的にHbA1Cを測定することをお勧めします。
2016年 4月 19日 11:58
睡眠時無呼吸症候群 その3
みなさん、こんにちは。
今回は、「睡眠時無呼吸症候群」の3回目です。

本日は「治療」についてです。

「睡眠時無呼吸症候群」の治療法は大きく3つ「持続気道陽圧呼吸療法」「口腔内装置」「手術療法」とあります。残念ながら、今のところこの病気に効く薬は開発されていません。
 
「持続気道陽圧呼吸療法」(CPAP療法)とは、寝るときに、送風機につながったマスクをつけるものです。送られてくる空気(酸素ではありません)の圧力で気道が確保され、無呼吸が軽減されるというものです。
 
以前は「機械の音がうるさくて寝られない」「マスクがすぐずれてしまう」などの欠点が多く普及しませんでしたが、最近の機械は格段に静かになり、マスクのフィット感も良くなっています。現在、「睡眠時無呼吸症候群」の治療で最も確実な効果がある治療法です。しかし「鼻や喉が乾燥する、痛い」「毎日マスクをつけるのは煩雑で面倒臭い」などの理由で、治療継続困難となる方が、全体の30%程度おり、まだまだ改善すべきことがたくさんある治療法だと言えます。
 
「口腔内装置」は、「CPAP療法」ほど重症でない、あるいは、なんらかの理由で「CPAP療法」ができない方が対象になります。顎を前に突き出す様な装置で、「CPAP療法」よりは手軽ですが、無呼吸が重症な方や、口腔内になんらかの問題がある方は使用できない場合もあります。
 
ちなみに、「口腔内装置」は歯医者さんで作ってもらうのですが、医療機関の診断書が必要となりますので、いきなり歯医者さんに行っても作ってはもらえません。
 
最後に「手術療法」ですが、以前は、ずいぶんとやられていたのですがいびきは改善してもあまり無呼吸には効果がないということがわかってきたため、現在のところ口腔内、咽頭に特別な問題がある人以外は「CPAP療法」や「口腔内装置」ほどおすすめではありません。
 
しかし、「CPAP療法」や「口腔内装置」はずっと使い続けないといけない治療法なので、確実な効果が認められる様な手術療法が今後期待されています。
2016年 4月 5日 11:56
睡眠時無呼吸症候群 その2
みなさん、こんにちは。本日は「睡眠時無呼吸症候群」の2回目のお話です。

前回、「この病気は命にかかわることもある大変な病気」とお話しました。実際のところ有病率は2〜4%くらいと言われておりますから、50人職場に一人か二人はいる、という計算になります。決して珍しい病気ではないということになります。
 
それではどういう人がこの病気の疑いがあるのでしょうか?
 
「ベッドに寝ている時間は長いのに、熟睡感がない、昼間眠くなる」という人が、まず一番の対象になります。ここで重要なのは「臥床時間はきちんと確保できている」ことで、「忙しくて寝る時間がない」あるいは「なかなか寝付かれない。あるいはすぐ目が覚めてしまう」という方は除外されるということです。あくまでも「寝ている」時間は確保されているということが前提になります。不眠症の方は「眠くならない」ですが、無呼吸の方は「いつでも眠い」というのが大きな違いです。
 
その他「朝起きたときだけ頭痛がひどい」「朝だけ血圧が高い」「夜尿症」の方は、この病気を一度考えてみる必要があると思います。また、自分では自覚症状がなくても、一緒に寝ている人から「寝ているときに息が止まっている」と指摘を受けた人は、一度検査を受けてみても良いかもしれません。
 
次に、検査方法ですが、二つの検査方法があります。「簡易ポリグラフ」と「フルポリグラフ」です。
 
「睡眠時無呼吸症候群」は当然のことですが、寝ているときの病気ですから、寝ているときに検査をしないといけないわけです。しかし、そのためにいきなり入院、というのも敷居が高いですから、入院しなくてもできる検査が「簡易ポリグラフ」と言われる検査です。呼吸と血液の酸素をモニターしながら自宅でつけて寝る、というもので、重症な方であれば、この検査だけで治療が必要と判定することができます。
 
この病気が心配な方は、まず「簡易ポリグラフ」の検査を受けることをお勧めします。
2016年 3月 22日 11:53
睡眠時無呼吸症候群
みなさん、こんにちは。
なんとかさぼらず更新できています。

本日も、私が連載しているミニコミ誌『ちゃんと」からの抜粋記事です。

本日は、近年、注目されるようになってきた病気「睡眠時無呼吸症候群」のお話をさせていただきます。


この病気が広く世間に認知されるようになったのは、ここ10年くらいになると思います。2003年、山陽新幹線で、運転手が居眠りをしたまま運転して事故を起こした事件が有名です。それ以前から、ひどいいびきや強い日中の眠気でお困りな方が大勢いたのですが、近年、この病気の恐ろしさが、研究によって明らかになり、かつ診断、治療の技術か確立してきたことによって我々医療機関でも大きく扱うようになってきました。
 
さて、「睡眠時無呼吸症候群」とはどんな病気でしょうか?
 
無呼吸(口、鼻の気流が10秒以上停止する)、低呼吸(10秒以上換気量が50%以上低下すること)が一時間あたり、5回以上ある状態を指します。、、、全然簡単じゃないですね。
 
解説します。原因はいろいろあるのですが、多くの場合は、寝ている間に、喉が気道をふさいで、息ができなくなり、苦しくて目がさめる、あるいは眠りが浅くなるっていうものです。その結果、それなりに睡眠時間はあるのに、熟睡感がなく、日中も眠くなってしまう、そして、仕事のミスが多くなったり、集中できる時間が短くなってしまうというものです。
 
そして、この病気、何より怖いのは、その結果、脳卒中や心筋梗塞などの命に関わる病気になりやすくなってしまう、というものです。未治療の場合、10年生存率が60%、なんていう恐ろしいデータもあるようです。(その患者さんが10年後に死んでしまっている可能性が40%!!ってことです。)
 
いびきがひどいあるいは寝ている間に息が止まっている、と言われる人、日中眠くて仕方ない人、は是非次回もご覧ください。
高血圧 狭心症 不整脈 糖尿病 禁煙外来 透析 生活習慣の改善 睡眠時無呼吸症候群
診療時間について
受付時間

午前   9:00〜12:30

午後 14:00〜17:30

休診日

火曜午後・木曜午後
土曜・日曜・祝日


9:00
|
12:30
9:00
|
12:30
9:00
|
12:30
9:00
|
12:30
9:00
|
12:30

14:00
|
17:30
休診 14:00
|
17:30
休診 14:00
|
17:30
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

0123-40-0022

受付

9:00〜12:30 14:00〜17:30
火曜午後・木曜午後・土曜・日曜・祝日除く

交通アクセス

医療法人社団
古泉循環器内科クリニック

〒066-0062

北海道千歳市千代田町3丁目5 セントラルビル4F

TEL 0123-40-0022

FAX 0123-40-0023


●JR千歳駅より徒歩7分

●バス停【仲の橋通】下車すぐ

●もりもと本店、道銀ビル斜め向かい


●駐車場

・当ビル1F タワーパーキング(20台)

・当ビル向かい 大型車 RV専用 7台

・当クリニック 契約駐車場 千歳パーキング(タワーパーキング 大型車対応可)