院長のコラム
院長紹介
院長

古泉循環器内科クリニック
院 長 古 泉こいずみ 圭 透たまゆき

このたび、千歳市千代田町において循環器内科、血液透析、他診療科目を加え古泉循環器内科クリニックを開設することとなりました。
これもひとえに皆様方の温かいご支援の賜物と心より感謝いたしております。
今後は地域住民に信頼される温もりのある質の高い医療を提供すべく、誠心誠意努力いたす所存でございます。
何卒倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

1992年3月 弘前大学医学部卒業
1992年6月 津軽保険生活協同組合 健生病院 研修医となる
1995年4月 青森保険生活協同組合 あおもり協立病院 循環器呼吸器病棟に配属
1998年 同院 病棟医長になる
2001年6月 青森保険生活協同組合 堤診療所 所長として勤務
2006年5月 医療法人ピエタ会 石狩病院 内科部長として勤務
2007年4月 循環器科部長兼外来診療部長となる
◇所属学会/内科学会 循環器学会 糖尿病学会 心臓病学会 日本透析学会
◇資  格/日本医師会認定産業医 日本糖尿病協会登録医
院長のコラム
2014年 11月 17日 09:23
モチベーションを高める

またしてもご無沙汰になっておりました。申し訳ありません。続けます。

 

さて、私がダイエットを続けているときに強く感じたのは「内容はともかく、要は続けることが大事」だということです。

 

ダイエットっていうのは、要するに「食べるものより使う方が多い」状態を継続すれば必ず達成できることなので、やり方、よりはむしろ「続け方」の方が重要な気がします。そして「すぐ効果が出る」ことより、「長く続けられる」ということにウェイトを置いて「やり方」を工夫してみると良いのだと思います。

 

そして、その「長く」ダイエットを続けるために最も肝になるのが「モチベーション」の維持です。

 

誰でも、瞬間的に頑張ることはできます。1日絶食、なんてのも、1日だけならそう難しいことではないと思います。しかし、ダイエットは一年、2年と続ける必要があるし、続けられないと、結局「リバウンド」の憂き目にあうのです。私も、まだ、ダイエットして一年なので、この点に関してあまり大口たたけるほどの実績はありませんが、なんとなく現時点で感じるのポイントは二つあります。

 

一つは

「成功体験」です。

 

今から36年ほど前の学園ドラマでこういうのがありました。(話が古くて恐縮です。)

 

クラスの中の劣等生が優等生に恋をします。そしてどうしても勉強ができるようになりたくて、クラスの副担任(典型的な優等生タイプ、演じていたのは若き日の神田正輝でした)に相談します。そして、猛特訓をすることになります。劣等生はものすごく一生懸命ですが、高校3年生の問題はもちろん、高2、高1、中学3年生まで遡りますが、全然ついていけません。劣等生はたいして落ち込みます。その話を聞いたクラスの担任(いわゆる型破り、無茶振りタイプ。演じていたのは中村雅俊です)は、突如、クラスで抜き打ちテストをします。ブーブー不満を言う生徒たちに突きつけられた問題用紙は「小学校4年生程度」の問題でした。当然、全員100点が取れるわけです。「俺、人生で初めて100点とったよ」と喜ぶ生徒たち。

 

まあ、こんな話だったのです。極めてベタと言えば下手な話ですが、最近は「ビリギャル」こと『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』でも同じようなネタで話が進むので、普遍性があることなのだと思います。

 

ここでいう「100点取る快感」がいわゆる「成功体験」といって、学問以外にも、スポーツや仕事など、辛いことを乗り切るモチベーションの柱になります。そしてこれを、偶発的や他者的にではなく、自分で作り出すことができれば良いわけです。

 

ダイエットに置き換えた話でいうと、「何かしら一つ、新しい生活習慣を身につける」ことが重要だということです。しかし、そこには必ずしも「体重が減る」という成果に直接は結びつかないかもしれません。しかし、身についた新しい生活習慣は、みなさんに「私でもできる」という自信をつけてくれるし、後々必ずダイエットそのものに結びついていきますから、小さなことでも良いので、達成できるように頑張りましょう。

 

私の体験でいうと、まず「晩酌をやめる」から始めました。特にそれによって体重が減ったわけではないのですが、「夕食後に何か食べる」習慣がなくなったことはダイエットの一歩になったかなあ、と今では思います。

 

本日の一言

「とりあえず、小さなことからコツコツと。結果はすぐに出ないけどね」

 

 

 

 

2014年 10月 30日 10:37
運動療法

ご無沙汰しております。つい、更新が遅くなりました。

引き続き、ご愛読のほど宜しくお願いします。

 

前回、食事療法には運動療法がセットで必要だとお話ししましたが、運動療法にはやっちゃダメな人もいるので注意が必要です。また、ダメじゃないけどやりすぎてはいけない人もいるので、具体的な量については、個別に考えないといけません。

 

なので、総論的に解説しますが、なんらかの慢性疾患をお持ちの方は、担当の医師に相談しなくてはいけませんので気をつけて下さい。特に、心臓病、腎臓病、糖尿病の人なんかは、気をつけないと大変危険です。

 

さて、前置きはさておき、運動療法には、よく知られている誤解があります。

「食べた分を消費するために運動する」

です。

 

多少なりともカロリーを気にする方は分かっているかと思いますが、運動ではたくさんのカロリーを消費するのは極めて難しいのです。例えば、体重60kgの人が60m/分の速度で一時間歩いたとしてもわずかに167kcal、おにぎり一個分のカロリーにもなりません。一時間ジョギングして、やっと664Kcalと、これでものり弁当のカロリーに及びません。

 

それでは、なぜ、たいしてカロリーを消費しないのに、運動療法が推奨されているかというと

1)運動療法をすることで、体重が減りやすくなる

2)血糖を下げるホルモン、インスリンが体に効きやすくなる

3)血液の循環を良くすることによって血圧が下がり、心肺機能が改善する

からです。

 

簡単に言うと

「カロリーを消費するためではなく、痩せやすく病気になりにくい体質を作るため」

に運動療法を行う、ということです。

 

体質改善ですから、週に一回、強い運動をするのではなくて、定期的に適度な運動をする方が好ましい、ということでもあるわけです。

 

どのような医学書、ダイエット本を見ても最低ラインは

「週3回、一回20分以上。少し汗をかく運動」

と書かれてあります。

 

きつい運動は、確かに筋肉がついて代謝(何もしなくても体が消費するカロリー)が増えるという点では良いのですが、きつい運動をすると、脂質があまり消費されず、糖質中心の消費になり、体脂肪の減少にあまり寄与しない、といわれています。

 

私の場合は、歩ける日は、一時間歩く、から始めました。北国は冬になると雪が降るので、地下道を歩くようにしました。週3回でいいや、と決めてしまうと、結局やらなくなってしまうという過去の失敗を糧にして、とにかく、夜仕事がない日は必ず歩く、と決めました。

 

歩き始めて半年で、体重が減ってからは、歩くだけでは汗かかなくなってしまったので、ちょっとずつ走る時間が増えてきました。最初は一時間のうち、5分、10分でしたが、徐々に走る時間の方が長くなり、現在は、ほぼ一時間走ることができるようになりました。

 

モチベーションとしては、「高い目標を持つが、一歩ずつできることをやっていく。怪我だけはしない」というのが、良いのだと思います。

 

本日のアドバイス

昨日の自分より一歩でも前進していればオッケー

2014年 9月 16日 10:00
食事療法(2)低炭水化物ダイエットと低脂肪ダイエット
ご無沙汰しております。

前回、「食事療法にはあまり臨床的な実験データが無い」とご報告しましたが、最新の臨床的なデータが報告されましたので、取り急ぎご報告させていただきます。

最初はJAMA誌2014年9月3日号のものです。

対象は、BMI25以上の肥満者で、低炭水化物ダイエット群、低脂質ダイエット群、標準的なダイエット群に対する、6ヶ月、12ヶ月後の体重やその他の指標の評価です。

結論から言うと、確かに6ヶ月後では低炭水化物ダイエットの方が体重減少は改善したのですが、12ヶ月後にはむしろ低脂質ダイエットの方が良好な成績だったようです。

これは、そもそもの低炭水化物ダイエットブームのきっかけとなる二つの論文

A  Randomized Trial of a Low-Carbohydrate Diet for Obesity(肥満者の炭水化物制限に関するランダム化試験), 2003

The Effects of Low-Carbohydrate versus Conventional Weight Loss Diets in Severly Obese Adults(肥満成人における炭水化物制限と従来の食事療法の効果),2004
でも指摘されていましたが
、あくまでも六ヶ月の時点では有効だと言う結果と合致します。

また、この二つの論文は、「低炭水化物ダイエット」した人の方が総カロリーが少なかったという点もあり、必ずしも「炭水化物」が少なかった事に起因しないかもしれないと指摘されています。

結論的には、前回の結語と同じですが

「ダイエット法というのは、それぞれ個々人が一番長続きできるやり方で行う事が一番良い。それを探していくのが成功の秘訣である」と。

さて、先の論文には続きがあります。

行動支援(カウンセリングなど)により、6ヵ月時には3.23kg(95%CI:2.23~4.23kg)と有意な減量効果が得られたが、12ヵ月時には1.08kg(同:-1.82~3.96kg)と有意差は消失した。また、運動(ジョギングなど)の減量効果は6ヵ月時には0.64kg(同:-0.35~1.66kg)と有意ではなかったが、12ヵ月時には2.13kg(同:0.43~3.85kg)と有意な改善が達成された。

即効性はありませんが、運動療法はやはりダイエットの重要なファクターのようです。

次回は、運動療法のお話をさせていただきます。

2014年 8月 1日 10:00
食事療法(1)

第3回に引き続きご覧いただいてありがとうございます。

 

さて、ちまたには、たくさんのダイエット本があり、それぞれが、様々なバックグランドをもとに「○○が体に良い」とか「××が体に悪い」とか主張しております。ものによっては全く真逆に書いてあり、読者を混乱させております。また、流行り廃りも著しく、何を信じてよいのか困難を極めます。

 

私も、一応、臨床医として様々なダイエット本の主張の根拠となる論文や理論を見聞しておりますが、いずれも「動物実験レベル」だったり、統計的な処理がされていないものが多く、「間違いない」と思われる情報に巡り会うことは中々ありません。

 

もちろん商業主義的な「本や雑誌を売る」ことを目的として、いたずらに扇情的な主張になっているという側面が大きいのですが、実は、「何をどのくらい食べれば体に良いのか」ということに関して、我々はあまり確信できる事実を持っていない、ということが混迷の原因となっていると思われます。

 

正直に言って「これだけ食べれば大丈夫」「これを食べない方が良い」というようなものはあまり無いようです。

 

いろいろ調べてみましたが、ダイエットっていうのは「口に入れるもの」より「体で使うもの」が少なければ体重は減る、というシンプルなものかもしれません。

 

ただ、「ダイエットしすぎて貧血になる」ことはあるようなので、鉄分、ビタミンなどは意識して補充した方が良いと思います。

 

「バランスよく食べる」

以上の食事療法は、やっぱり存在しないようです。

 

ちなみに、摂取カロリーの計算式は以下の通りです。

 

標準体重×30=一日の必要カロリー

です。

 

ただし、ご高齢な方、あまり外に出ないで運動量が少ない方は、30ではなくて、25をかけると良いと思います。

 

標準体重の出し方は

身長m×身長m×22です。

 

ただ、この出し方は身長175cm以上の方にはちょっと厳しめになっているので、2kgくらい下駄を履かせた方が良さそうです。

 

次回は、具体的な僕が実践した食べ方を紹介します。

2014年 7月 21日 10:00
体重測定について

みなさん、こんにちは。このブログを読んでいただいてありがとうございます。前回、ダイエットの話をしましたところ、反応がたくさんありましたので、しばらく続けさせていただきます。

 

それでは、第2回古泉流ダイエット作戦です。

 

2)評価(体重測定)について

どんな計画でも、立案→実行→評価→フィードバックという流れになりますから、当然、評価することが必要です。ダイエットですから、当然、評価項目は体重、ということになります。その他にも、体脂肪率や、除脂肪体重、果ては鏡に映った自分の姿とか、ズボンのきつさなんていうのもあるのかもしれません。いずれにしても、ゴールデンスタンダードなダイエットの評価方法は体重を計る、だと言われております。

 

ほとんどのダイエット本にも

「毎日体重計に乗りなさい」

と書かれているようです。

 

私の場合、インターネットに直接繋がれた体重計を使用しておりまして、測定毎に結果が自動的にiPADやiPHONEのアプリに入力され、体重変化のグラフを書いてくれるものを使用しております。

 

こ野体重計の特徴は、毎日の体重の変化が自動的に分かるということもありますが、間違いない数字が容赦なく入力されるところです。まさに、情け容赦無くです。

 

私の経験では、一日1000Kalの厳しいダイエットをして、2時間ほど歩いた次の日の朝、体重が500gくらい増えていることがあります。思わず

「お前さあ、そんなわけないだろ、計り間違いだよな」

と体重計相手に凄んでしまいます。

 

一方で、

「昨日は、高カロリーなお弁当食べたから、増えてるなあ」

と思いおそるおそる体重計に乗ると、200g減っている、なんてことも少なからずありました。

 

こんな風に、日々、極めて機械的に(機械なので当たり前ですが)グラフが書かれていくと、気がつくことがあります。

 

「ダイエットの努力は、体重減少としてはすぐに報われる訳ではない」

ということです。

 

そう思ってダイエットに取り組んでいると、お酒を飲んだ翌日は、すごく体重が増えていること、きつい運動をした後にはぐっと体重が減っていることが分かりました。しかも、そういった時の体重の増減は、日常的な体重の増減より激しく、2kgの大きな幅で増減しておりました。

 

そういう日々を過ごしながら分かったのは、「体重」という計れる重さそのものは、その日の体の水分量が、かなり支配的な要素なんだと言うことです。人間の体重の6割を占める水が、体重を左右するのは、実は良く考えれば至極当たり前のことなのですが、それが実感として理解できるまでには、かなり時間がかかりました。

 

いわゆる体重計で量る体重は自前の肉体の重さ、特に脂肪の量や筋肉の量そのものを必ずしも反映しないということです。

 

体重計などについている体脂肪計などがありますが、あれは体の電気抵抗を調べるもので、まさに体の水分量で変化するものです。だから、体の水分量の変化だけ、あるいは、体の脂肪の量だけ調べるのは容易ではなく、長期間の変化を見たり、実は鏡に映ったボディイメージの方が正しいのかもしれません。

 

結論

体重は、ダイエットの成果を短期的に反映しません。従って、日々の体重に一喜一憂するのはあまり意味がないことです。1週間とか2週間単位での体重変化の傾きを見ていきましょう。

高血圧 狭心症 不整脈 糖尿病 禁煙外来 透析 生活習慣の改善 睡眠時無呼吸症候群
診療時間について
受付時間

午前   9:00〜12:30

午後 14:00〜17:30

休診日

火曜午後・木曜午後
土曜・日曜・祝日


9:00
|
12:30
9:00
|
12:30
9:00
|
12:30
9:00
|
12:30
9:00
|
12:30

14:00
|
17:30
休診 14:00
|
17:30
休診 14:00
|
17:30
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

0123-40-0022

受付

9:00〜12:30 14:00〜17:30
火曜午後・木曜午後・土曜・日曜・祝日除く

交通アクセス

医療法人社団
古泉循環器内科クリニック

〒066-0062

北海道千歳市千代田町3丁目5 セントラルビル4F

TEL 0123-40-0022

FAX 0123-40-0023


●JR千歳駅より徒歩7分

●バス停【仲の橋通】下車すぐ

●もりもと本店、道銀ビル斜め向かい


●駐車場

・当ビル1F タワーパーキング(20台)

・当ビル向かい 大型車 RV専用 7台

・当クリニック 契約駐車場 千歳パーキング(タワーパーキング 大型車対応可)