睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群とは?
いびきがひどい 疲れがとれない 何度も目が覚める

睡眠時無呼吸症候群

(Sleep Apnea Syndrome:SAS)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。

無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸といいます。

寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。⇒日本の潜在患者数は300万人以上とも言われています。

この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。

本来、睡眠は日中活動した脳と身体を十分に休息させるためのもの。

その最中に呼吸停止が繰り返されることで、身体の中の酸素が減っていきます。すると、その酸素不足を補おうと、身体は心拍数を上げます。寝ている本人は気付いていなくても、寝ている間中脳や身体には大きな負担がかかっているわけです。脳も身体も断続的に覚醒した状態になるので、これでは休息どころではありません。

その結果、強い眠気や倦怠感、集中力低下などが引き起こされ、日中の様々な活動に影響が生じてきます。

※ 以下の項目に該当する方は、要注意! これ以外にも、要因はございます。
  1. 1. 自分では意識はないけれど、いびきがひどい、呼吸が止まっていると近親者に言われたことがある。
  2. 2. 昔に比べて体重が10kg以上増えている。(太り気味)暴飲暴食してしまう傾向がある。
  3. 3. タバコ、お酒が好きで習慣化している。
  4. 4. 高血圧・糖尿病・高脂血症などの病気がある。
脳卒中 3.3倍
高血圧 2.9倍
糖尿病 1.6倍
不整脈 4倍

☆居眠り運転が5倍のリスクに!?

睡眠時無呼吸症候群による居眠りは、仕事中や運転中にも悪影響を与えかねません。

「運転中の眠気」の経験割合は、非SAS患者と比較してSAS患者で4倍(40.9%),「居眠り運転」ではなんと5倍(28.2%)という調査結果も示されています。

※交通事故をはじめ医療事故・産業事故などにもつながれば社会的リスクも重大です。

上記の症状に該当する項目があり、不安な方は、すぐに受診をお勧めいたします。
検査は、簡易的なものであれば、入院もせずに済みます。・・・2晩、小型器械を装着するだけです。
費用も、3割負担の方でも、2,700円と診察料金で済みます。
お気軽にご相談してください。

高血圧 狭心症 不整脈 糖尿病 透析 生活習慣の改善 睡眠時無呼吸症候群
診療時間について
受付時間

午前   9:00〜12:30

午後 14:00〜17:30

休診日

火曜午後・木曜午後
土曜・日曜・祝日


9:00
|
12:30
9:00
|
12:30
9:00
|
12:30
9:00
|
12:30
9:00
|
12:30

14:00
|
17:30
休診 14:00
|
17:30
休診 14:00
|
17:30
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

0123-40-0022

受付

9:00〜12:30 14:00〜17:30
火曜午後・木曜午後・土曜・日曜・祝日除く

交通アクセス

医療法人社団
古泉循環器内科クリニック

〒066-0062

北海道千歳市千代田町3丁目5 セントラルビル4F

TEL 0123-40-0022

FAX 0123-40-0023


●JR千歳駅より徒歩7分

●バス停【仲の橋通】下車すぐ

●もりもと本店、道銀ビル斜め向かい


●駐車場

・当ビル1F タワーパーキング(20台)

・当ビル向かい 大型車 RV専用 3台

・当クリニック 契約駐車場 千歳パーキング(タワーパーキング 大型車対応可)